税理士事務所タカジム代表 髙橋良和のプロフィール

140308 018

髙橋 良和のプロフィール

公認会計士 / 税理士 / 実務で使えるExcel入門セミナー講師

 

 

税理士事務所の仕事を始めたきっかけ

僕は、2008年に公認会計士試験に合格して、都内の監査法人に勤めていました。

「監査法人」という言葉は耳慣れない言葉だと思いますが、
会社が作った決算書をチェックして、それが正しいかどうかを証明する
「監査」と言う仕事をやっているところです。

「監査」は公認会計士にしかできない仕事なので、そこで働く人達は、
決算書を見る”プロ”ということになります。

監査法人には、本当に優秀な人達がたくさんいました。

とんでもなく頭が良い人や、コミュニケーション能力の高い人、
ユーモアのある人もいれば、ストイックな職人肌の人もいて、

多種多様な個性を持ったプロ集団という感じで、たくさんの刺激を受けながら仕事をさせてもらいました。

 

ただ、監査の仕事を続けていくなかで、少しずつ感じるようになったのが、

「決算書を見る側だけでなく、作る側も経験しなければいけないのではないか

ということ。

と言うのも、公認会計士が会計の”プロ”と言える存在になるには、
決算書が正しいかどうかのチェックができるだけでなく、

どうやったら正しい決算書が作れるか

についても自分なりのアイディアを持っていなければいけないんじゃないか、と
考えるようになったからです。

 

そこで、”会計のプロ”の道を究めるべく、「決算書を作る側に回ろう」と転職を決意。

事業会社の経理として働くことになったのですが、
これがけっこう大変でした。

 

完全に行き詰まった経理部での仕事

僕が転職したのは、外資系企業の経理部。

経理だけでなく、税務、管理会計にも関われるのが魅力でした。

同僚も面白い人が多くて、楽しく仕事ができていたのですが、
ここで思わぬ誤算が生じます。

「同じ会計の仕事だから、経理も何とかなるだろう」と思っていたのですが、
これが甘かった。

経理の仕事、これ、かなりプレッシャーのかかる仕事なんです。
1つ1つの仕事を間違いなく積み重ねていく、大変な仕事ですが、
そこで少しでも間違いがあると大騒動。

 

「何があった?」

「どこがおかしい?」

そして、

「誰がやった?」

 

とどんどん追及されていきます。

なので、

 

「間違いが無いように」

「失敗がないように」

 

と、強いプレッシャーを受けながら1つ1つの仕事をこなすようになっていました

でも、厳しいプレッシャーを感じながらする仕事が、いつまでも続くわけがありません。
この厳しい状況から抜けだすためには、「目をつぶっていても間違えない」くらいになるしかない。
つまり、自分のスキルを磨くしかないと考えました。

そして、

 

先輩に質問して仕事の仕方を教えてもらったり、

業務マニュアルを自分で作って自宅で復習したり、

前の月にやった仕事を洗い出して、全て1からやり直したり、

スケジュール通り進められない時は、休日出勤して仕事をこなしたり。

 

とにかく仕事が上手く回せるように、できる限りの努力をしました。

 

ところが、転職して2年半経ったところでついに限界を迎えます

ある日の朝、目が覚めるものの身体を起こすことができない。
力を入れようとしても入らない。

完全な無気力状態でした。

そこからしばらく休職した後、会社を退職。
本当につらい経験でした。

 

転職を考えたものの、税理士として独立を決意

会社に行けなくなったことは、本当に大きな出来事でした。

次のことを考えようにも身体も頭も言うことを聞きません。
しばらくは、休養が必要な状態でした。

休養している間は、家族にも迷惑をかけましたし、友人にも心配をかけてしまいました。
このことは今でも申し訳なく思っています。ホント、みんなゴメンね。

 

そして、たくさんの人の助けを得て、何とか体調も回復して、
「さあ、次、何しよう」と考えた時、頭に思い浮かんだのが”転職”。

じゃあ、どんな仕事しようかと考えると、

ない。(終了!)

 

いや、ないことも無かったんですが、色々考えていくと、
会社で身体を悪くしたのに、また会社で働くというのが、
どうしても自分の中で受け入れられなかったんですよね。

仕事内容以外にも、

 

同僚との競争、

部門間の縄張り争い、

上司や同僚など多方面に気を遣わなければいけないこと、

 

など、会社の中で求められる条件が、どうにも自分には、こなせそうにない。

そう考えた時に、選択肢として浮かんだのが、税理士として独立することでした。

 

幸い、公認会計士は税理士の資格も持つことができますし、
「監査」の仕事をしていましたから、会計・税務の知識と実務については自信がありました。

また、退職はしてしまいましたが、経理部での仕事を通じて、
会社の経理、税務、についても一通り経験させてもらいましたので、
会社側の経理・税務の実務についても問題がありませんでした。

意図したわけではないんですが、いつの間にか独立に必要な条件も揃っていたんですね。
そしてようやく、自分の税理士事務所を持つことを決断。

これが、「税理士事務所タカジム」の始まりです。

 

 

会社が”動き続ける”ためのサポートを

僕が、独立したのは、会社に勤めることができないと悟ったことと、
もう1つ理由があります。

それは、

 

会社が”動き続ける”ためのサポートをしたい

 

という強い思いです。

 

僕には、大きな挫折の経験が2度あります。

1つは、先ほど出てきた会社員としての挫折。
そして、もう1つは大学院時代の挫折です。

会社員の時と同じように、大学院時代にも
研究とアルバイトが忙しすぎて、体調を崩してしまい、
しばらく休養を余儀なくされるという経験をしました。

この2回の挫折で痛感したのが、

 

キャリアがストップしたときの代償は、あまりにも大きい

 

と言うこと。

研究でも、仕事でもそうですが、少しずつでも活動を続けていれば、
スキルアップにつながったり、人とのつながりができたり、何らかの収穫が必ずあります。

でも、それを止めてしまうと、

お金を失い、人とのつながりが絶たれ、時間を失い、さらに、信頼もなくしてしまいます

そして、それを取り戻すためにどれだけ多くの時間が必要か!

 

でも、それって人だけではなくて、会社でも同じなんです。

会社は、活発に動いてこそ、

売上げが増え、

利益が出て、

給料が上がり、

人が増え、

次の投資ができて、

成長していきます。

 

反対に、動きが止まってしまえば、

売上は落ち、

赤字に転落して、

給料は下がり、

人が減り、

投資は削られ、

あっという間に会社は小さくなって、

身動きがとれずに倒産してしまいます。

 

僕は、同じような挫折を2度も経験した税理士です。
挫折して止まることによるマイナスは、誰よりも分かるつもりです。

そんな自分だからこそ、本気で提供できるのは、

会社が”挫折しないように”、”動き続けられるように”するためのサポート

だと思っています。

タカジムの根っこにはこのような”思い”があります。

 

 

タカジムは、お客様にこれをお約束します

タカジムが提供するのは、お客様の会社(事業)が動き続けるためのサポートです。

会社が動き続けるために最も大事なものは、何をおいてもお金

タカジムは、

事業による資金の流れを把握しながら(資金繰り)、

無駄な税金の支払いを防ぎ(節税)、

必要に応じた資金調達(融資)によって、

お客様のお金を守り、事業活動を支えていきます

 

また、会計・税務が足かせになって、会社の動きを妨げることがあります。

タカジムは、事業で求められる会計や税務の煩雑な手続に、先手を打つことで対応し、
お客様が事業を動かすことに専念できるようにサポートしていきます。

 

「お金がうまく回っていいるかが心配」

「会計・税務が会社の足を引っ張っている」

 

と感じる、事業者のみなさんのために、タカジムはあります。

 

 

やりません!

1.脱税などの違法行為

2.売り込み

3.過度な売上の拡大を目的にしたサポート

4.細かすぎる経理・税務

5.エラそうな態度

 

違法行為は絶対にやりません

タカジムはお客様のお金を守ること、会計・税務が事業の足かせにならないようにサポートすることをお約束しますが、
その手段として違法行為を使うことは絶対にありません

違法行為は、お客様の事業を手助けするどころか、会社や事業の存在を危うくするものです。
そのような危険な行為は絶対にやりません。

 

売り込みはやりません

タカジムは、お客様の利益になる”提案”は積極的に行いますが、
”売り込み”はやりません。

 

お客様が望んでいないサービスや、お客様に必要の無いサービスを買って欲しいと頼んだり、

税務相談を依頼していただいたお客様に、確定申告のサービスを買ってくれとお願いしたり、

確定申告を依頼していただいたお客様に、顧問契約をお願いしたり、

するなど、売り込みをするようなことはしません。

 

これは、僕自身が売り込まれるのが嫌いだからです。
自分がやられていやなことを、お客様にするようなことはしません。

 

過度な売上の拡大を目的にした提案

タカジムは、お客様の”お金”を守ること。
その源になる利益を増やすことへのサポートを得意としています。

反対に、規模や売上の拡大を第一の目的にしたお客様にはお役に立てません

売上や規模の拡大を第一の目的にすると、必ず事業に無理がかかります
事業に無理がかかると言うことは、事業の継続にリスクが生じると言うことです。

タカジムは、事業が動き続けるための手助けをします。
動きを止める可能性を高めることにはお役に立てません。

 

細かすぎる経理・税務はやりません

タカジムは、違法行為は絶対にやりませんが、法律で認められている範囲内で、
できるだけ簡単な方法による経理・税務をオススメしています。

会計や税務で理想とされている方法は、とかく複雑になりがちです。
会計・税務の観点からは良いことでも、それが事業の足を引っ張るようでは意味がありません。

僕には、細かすぎる経理で苦しんだ過去があります。

ルールの範囲内で、できるだけラクに

これがタカジムのモットーです。

 

エラそうな態度はとりません

エラそうな態度はとりません。
僕も、エラそうな態度の人が嫌いだからです。

エラそうな態度の人がいたら、強烈に腹が立ちますし、
そんな人とは、一緒に仕事をしたくありません。

タカジムは、お客様と同じ視線で、協力しながら、事業をサポートする事務所です。
お客様と一緒に、少しずつ成長していくために、常に謙虚な姿勢で向き合っていきます。

 

 

僕はこんな感じの人です(動画あり)

髙橋良和のプチ情報

・生年月日:1973年9月25日

・出身地:愛媛県松山市 
     18歳から東京、28歳で岡山、34歳で東京と
     出入りの激しい人生です。

・趣味:サッカー、ラジオ、音楽

・悩み:子供の頃からの偏食。いまはブランパンの”とりこ”に。

 

※もうちょっと濃い個人的プロフィールは、こちらから。