税理士事務所タカジム代表 髙橋良和のプロフィール

140308 018

髙橋 良和のプロフィール

公認会計士 / 税理士 / 実務で使えるExcel入門セミナー講師

 

 

税理士事務所の仕事を始めたきっかけ

僕は、2008年に公認会計士試験に合格して、都内の監査法人に勤めていました。

”監査法人”は、会社が作成する決算書をチェックして、それが正しいかどうかを証明する「監査」を専門に行っているところです。「監査」は公認会計士にしかできない仕事なので、そこで働く人達は、「決算書を読むプロ」ということになります。

監査法人には、本当に優秀な人がたくさんいました。

とんでもなく頭が良い人や、コミュニケーション能力の高い人、ユーモアのある人、ストイックな職人肌の人など。多種多様な個性を持ったプロ集団という感じで、たくさんの刺激を受けながら仕事をさせてもらいました。

 

ただ、監査の仕事を続けていくなかで、少しずつ感じるようになったのが、

 

「決算書を見る側だけでなく、作る側も経験しなければいけないのではないか

 

ということ。

文章を書くこと(執筆)と、文章が正しいかどうかをチェックすること(校正)のが違うように、決算書を作るのと出来上がった決算書を見ることでは、似ているとこもあるけど違う所も多いんですよね。

会計士として会計の”プロ”と言える存在になるには、決算書のチェックができるだけでなく、「どうやったら正しい決算書が作れるか」についても自分なりのアイディアを持っていなければいけないんじゃないかと。

そこで、会計の道を究めるべく、「決算書を作る側に回ろう」と転職を決意。一般企業の経理として働くことになったのですが、これがけっこう大変でした。

 

完全に行き詰まった経理部での仕事

僕が転職したのは、外資系企業の経理部。経理だけでなく、税務、管理会計にも関われるのが魅力でした。

同僚にも面白い人が多くて、楽しく仕事ができていたのですが、
ここで思わぬ誤算が生じます。「同じ会計の仕事だから、経理も何とかなるだろう」と思っていたのですが、ハッキリ言って甘かった。

経理の仕事、これ、かなりプレッシャーのかかる仕事なんです。1つ1つの仕事を間違いなく積み重ねていく、大事な仕事ですが、そこで少しでも間違いがあると、

 

「何があった?」

「どこがおかしい?」

「誰がやった?」

 

と、まあ大騒動です。なので、

 

「間違いが無いように」

「失敗がないように」

 

と、だんだん萎縮して仕事を進めるようになったしまったんですよね。でも、そんな仕事のしかたが長く続くわけもなく2年半後には、

 

この(細かすぎる)やり方苦手だわ〜。撤収!!

 

と分かりやすい結論に到りました(遅すぎ?)。

 

とは言え、決算書を作っていく過程に関わることができましたし、税務や管理会計の実務も担当させてもらえたことは、今の仕事にも生きていて、大きな財産になっています。最後は残念だったんですけど、貴重な経験をさせてもらいました。

 

 

転職を考えたものの、税理士として独立を決意

経理部での仕事を終えて、「さあ、次、何しよう」と考えた時、頭に思い浮かんだのが”転職”。

会計と税務をやってきたので、「それを生かすしかないよな」とぼんやり思っていましたが、いざどんな仕事にするかを具体的に考えてみると、

ない。(終了!)

 

いや、ないことも無かったんですが、経理の仕事を辞めたきっかけをよ〜く考えてみると、「細かすぎるルールに従わなければいけない」「時間の縛りがきつい」と言ったことで、自分の判断で仕事がきないことに集約できるんですね。

そう考えた時に、選択肢として浮かんだのが、税理士として独立することでした。自分の裁量でやり方を決め、自分の判断に責任を負う。当たり前のことですが、そんなシンプルなスタイルで仕事をやってみたいと思うようになったんです。

 

幸い、公認会計士は税理士の資格も持つことができますし、監査の仕事をしていましたから、会計・税務の知識と実務についてはOK。

また、経理部の仕事で、(苦しみながらも)会社の経理・税務についても一通り経験したので、会社側の経理・税務の実務についても問題がありませんでした。

意図したわけではないんですが、いつの間にか独立に必要な条件も揃っていたんですね。そしてようやく、自分の税理士事務所を持つことを決断。

これが、「税理士事務所タカジム」の始まりです。

 

 

会計、税務をシンプルにするためのサポートを

僕は、何事もシンプルに進めることが好きですし大事だと思っています。効率が良いのと、何をやっているかが分かりやすいので安心感があるからです。

それは、経理の仕事も同じ。経理の仕事は、会計・税務のルールに縛られて面倒なところが少なからずありますが、その面倒な部分をシンプルにすることができれば、経理や税務の負担は小さくなります。

タカジムが提供するのは、面倒な経理・税務をシンプルにして経営者や事業主のみなさんの時間とエネルギーを本業に注いでもらうためのサービスです。

社外に経理・税務を担当する専門家を置くことで効率よく経理体制を構築し、本来の仕事であるマネージメントや現場での作業に集中できる環境を整えることができます

みなさんが無理なく事業を成長させていくために必要な、会計・税務面からのサポートをタカジムが提供していきます。

 

 

タカジムは、お客様にこれをお約束します

タカジムが提供するのは、無理なく事業を成長させていくためのサポートです。

そのために最も大事なものは、何をおいてもお金

タカジムは、

事業による資金の流れを把握しながら(資金繰り)、

無駄な税金の支払いを防ぎ(節税)、

必要に応じた資金調達(融資)によって、

お客様のお金を守り、事業活動を支えていきます

 

また、会計・税務の仕事で時間をとられたりストレスになって、事業の効率が悪くなることがあります。タカジムは、事業で求められる会計や税務の煩雑な手続に、先手を打つことで対応し、お客様が事業に専念できるようにサポートしていきます。

 

「お金がうまく回っていいるかが心配」

「会計・税務が会社の足を引っ張っている」

 

と感じる、事業者のみなさんのために、タカジムはあります。

 

 

やりません!

1.脱税などの違法行為

2.売り込み

3.細かすぎる経理・税務

4.エラそうな態度

 

違法行為は絶対にやりません

タカジムはお客様のお金を守ること、会計・税務が事業の足かせにならないようにサポートすることをお約束しますが、その手段として違法行為を使うことは絶対にありません

違法行為は、お客様の事業を手助けするどころか、会社や事業の存在を危うくするものです。そのような危険な行為は絶対にやりません。

もし、そのような依頼をされるお客様がいた場合は、契約を解除することになります(幸い、そのようなことを依頼されるお客様はいませんでした)。

 

売り込みはやりません

タカジムは、お客様の利益になる”提案”は積極的に行いますが、
”売り込み”はやりません。

 

お客様が望んでいないサービスや、お客様に必要の無いサービスを買って欲しいと頼んだり、

税務相談を依頼していただいたお客様に、確定申告のサービスを買ってくれとお願いしたり、

確定申告を依頼していただいたお客様に、顧問契約をお願いしたり、

するなど、売り込みをするようなことはしません。

 

これは、僕自身が売り込まれるのが嫌いだからです。自分がやられていやなことを、お客様にするようなことはしません(アパレルの密着マークとか苦手なんですよね)。

 

 

細かすぎる経理・税務はやりません

タカジムは、違法行為は絶対にやりませんが、法律で認められている範囲内で、できるだけ簡単な方法による経理・税務をオススメしています。

会計や税務で理想とされている方法は、とかく複雑になりがちです。会計・税務の観点からは良いことでも、それが事業の足を引っ張るようでは意味がありません。

僕には、細かすぎる経理で苦しんだ過去があります。

ルールの範囲内で、できるだけラクに

これがタカジムのモットーです。

 

エラそうな態度はとりません

エラそうな態度はとりません。僕も、エラそうな態度の人が嫌いだからです。

エラそうな態度の人がいたら、強烈に腹が立ちますし、そんな人とは、一緒に仕事をしたくありません。

タカジムは、お客様と同じ視線で、協力しながら、事業をサポートする事務所です。お客様と一緒に、少しずつ成長していくために、常に謙虚な姿勢で向き合っていきます。

 

 

髙橋良和のプチ情報

・生年月日:1973年9月25日

・出身地:愛媛県松山市 
     18歳から東京、28歳で岡山、34歳で東京と
     出入りの激しい人生です。

・趣味:サッカー、ラジオ、音楽

・悩み:子供の頃からの偏食。いまはブランパンの”とりこ”に。

 

※もうちょっと濃い個人的プロフィールは、こちらから。