消費税の中間納付 申告・納付期限のタイミングを、3月決算の会社を例に確認します

消費税の申告・納付は、前年の消費税の税額に応じて回数が変わります。3月決算の会社を例に、どのタイミングで申告が行われるかを確認しておきましょう。

中間申告の申告・納付期限は、課税対象期間経過後2ヶ月以内

中間申告の申告・納付期限については、こちらの記事で詳しく扱いました。

 

 
簡潔にまとめると、中間申告の「課税対象期間経過後2ヶ月以内」と言うことでした。

 
ただ、中間申告については、前年の消費税の税額に応じて回数が変わるため、具体的にどのタイミングで申告・納付の期限が到来するのかが分かりづらいのです。

 
今回は、3月決算の会社を例にして、消費税の申告・納付期限がいつかを確認することにします。

 

 

 

消費税の申告・納付期限 3月決算の会社の場合

消費税の中間申告の回数は次のようになっています。

 

前年の消費税額 中間申告の回数
48万円以下 不要
48万円超400万円以下 1回
400万円超4,800万円以下 3回
4,800万円超 11回

 

3月決算の会社を例に、中間申告の回数別に、申告・納付期限のタイミングを見ていくことにしましょう。

 

 

前年度の消費税額が48万円以下の会社

「前年度の消費税額が48万円以下の会社」は、中間申告不要です。

 
確定申告で1年分の消費税を申告・納付します。 
確定申告の申告・納付期限は5月31日です。

 

スクリーンショット 2015 10 02 23 24 47

 

 

前年度の消費税額が48万円超400万円以下の会社

「前年度の消費税額が48万円超400万円以下の会社」は、中間申告の回数が1回です。

 
上期を中間申告の対象期間として、上期末2ヶ月後11月30日が中間申告の申告・納付期限になります。

 
スクリーンショット 2015 10 02 23 57 56

 

 

前年度の消費税額が400万円超4,800万円以下の会社

「前年度の消費税額が400万円超4,800万円以下の会社」は、中間申告の回数が3回です。

 
各四半期を中間申告の対象期間として、各四半期末2ヶ月後8月31日11月30日2月28日が中間申告の申告・納付期限になります。

 
スクリーンショット 2015 10 03 0 50 29

 

 

前年度の消費税額が4,800万円超の会社

「前年度の消費税額が4,800万円超の会社」は、中間申告の回数が11回です。

 
毎月を中間申告の対象期間として、各月末2ヶ月後
 
6月30日7月31日8月31日9月30日10月31日11月30日、 
12月31日1月31日2月28日3月31日4月30日
 
が中間申告の申告・納付期限になります。

 

スクリーンショット 2015 10 03 0 36 24

 

 
このようになっています。 

 

 

 

まとめ

「各期末から、2ヶ月以内」が申告の申告・納付期限基本的なルールですが、 
ご自身の会社の決算期、前年度の消費税額から、具体的な期限まで押さえるようにしておきましょう。
 

おまけ

消費税の中間申告は大変ですが、事業の成長が感じられるところでもあり、 
会社にとっては嬉しいことでもあります。

税理士事務所タカジム サービス内容

タカジムでは、各種サービスを提供しています。

会計・税務の悩み事について、代表である髙橋良和が直接担当し、お客様の実情に合った方法で解決します。

小規模の会社のお客様、個人事業主のお客様は、ぜひ一度ご覧下さい。