マイナンバーの「通知カード」と「個人番号カード」の違い

マイナンバー制度がスタートします。自分のマイナンバーを証明するものとして「通知カード」と「個人番号カード」がありますが、その違いを見ておきましょう。

通知カード

一番最初に自分のマイナンバーを知ることになるのが「通知カード」で、 
2015年10月に配布されます。

 
「通知カード」に記載されるのは、

 
マイナンバー

 
氏名

 
住所

 
性別

 
生年月日

 

 
です。

 
「通知カード」はマイナンバーを知らせることが主な目的で、 
「通知カード」だけで自分のマイナンバーであることを証明することはできません

 
「通知カード」+「運転免許証」など別の身分証明書を合わせて提示することで、ようやく自分のマイナンバーであることを証明できます。

 

 

 

個人番号カード

「個人番号カード」は、自分のマイナンバーを証明するだけでなく、身分証明書にもなるICチップ付きのカードです。

 
2016年1月に配布予定。

 
カードに記載されているのは、

 

 

・マイナンバー

 
・氏名

 
・住所

 
・性別

 
・生年月日

 
顔写真

 

 

です。

 
「通知カード」とほぼ同じですが、顔写真が付いているのが大きく異なります。

 
また、「個人番号カード」は、様々な場面で利用することができて、

 

 

マイナンバーの証明(他の身分証明書が不要)

 
ネットから確定申告で行う(e-tax)など、各種行政手続きのオンライン申請(現在は住基カードが必要)

 
身分証明

 
コンビニなどで各種証明書を取得(現在は住基カードが必要)

 

 
などが可能です。

 

スクリーンショット 2015 10 05 18 17 49
 
(個人番号カードのイメージ)

 
「通知カード」と比べると、顔写真がついていることと、ICチップに電子証明が入っているために、身分証明として利用できる点が大きく、使える範囲が大幅に広がっているのが特徴です。

 
違いをまとめておきましょう。

 

通知カード 個人番号カード
主な目的 マイナンバーの通知 ・マイナンバーの証明(他の身分証明書不要)
・各種行政手続きのオンライン申請
・身分証明
・コンビニなどで各種証明書を取得
配布時期 2015年10月 2016年1月 

 

 

 

「個人番号カード」の交付手続

「個人番号カード」を受け取るには、申請が必要です。 
添付用の顔写真を送る必要があるためです。

 
申請方法は3つあります。

 

 

①郵送による申請

 
「通知カード」に「個人番号カード交付申請書」が同封されているので、 
必要事項を記入し、顔写真を貼って送付する方法です。

 

 

②スマホからの申請

 
スマホで撮影した顔写真を、所定のフォームからアップすることで申請する方法です。

 
QRコードで申請用のサイトにアクセスして、

 

 
・申請書ID(半角数字23桁)

 
・メール連絡用氏名

 
・メールアドレス

 
・生年月日

 
・電子証明書の発行希望有無

 
・氏名の点字表記希望有無

 
を入力した後、

 
スマホで撮影した顔写真をアップすれば完了です。

 

 

③PCからの申請

 
PCに保存している顔写真のデータを、所定のフォームからアップすることで申請する方法です。 
交付申請のサイトにアクセスして、

 
・申請書ID(半角数字23桁)

 
・メール連絡用氏名

 
・メールアドレス

 
・生年月日

 
・電子証明書の発行希望有無

 
・氏名の点字表記希望有無

 
を入力した後、

 
顔写真のデータをアップすれば完了です。

 

 
④写真機からの申請 
証明写真の機械で写真を撮って、そこから申請することもできます。

 
交付申請書のQRコードでアクセスして、

 

 
・申請書ID(半角数字23桁)

 
・メール連絡用氏名

 
・メールアドレス

 
・生年月日

 
・電子証明書の発行希望有無

 
・氏名の点字表記希望有無

 
を入力した後、

 
写真機で撮影した写真を送信すれば完了です(写真の撮影代金の他、申請の手数料が必要になります)。

 

 

 
PCとスマホで申請できるのはかなり便利ですね。 

 

 

 

まとめ

マイナンバーで配布される「通知カード」と「個人番号カード」。 
同じマイナンバーが記載されたカードですが、その役割は大きく違いますので、大まかにで良いので何ができるかを知っておきましょう。
 

おまけ

「個人番号カード」は長く使うものなので、良い写真にした方が後悔は少ないかも。

税理士事務所タカジム サービス内容

タカジムでは、各種サービスを提供しています。

会計・税務の悩み事について、代表である髙橋良和が直接担当し、お客様の実情に合った方法で解決します。

小規模の会社のお客様、個人事業主のお客様は、ぜひ一度ご覧下さい。