中間申告の2つの種類 「予定申告」「仮決算」

会社の確定申告は年に1度ですが、期中にはもう一つの申告があります。期首から6ヶ月を対象にした中間申告です。

中間申告は期首からの6ヶ月間を対象とした申告

中間申告は、会計期間が6ヶ月を超える会社について(会計期間が1年の会社がほとんどですから、概ねどの会社にもあてはまります)、期首から6ヶ月の期間を対象にして法人税等の申告を行うというものです。

 
法人税の額が決まるのは、期末後に行う確定申告ですが、その支払い中間申告時確定申告時2回に分けて行う必要があります。

 
会社にとってのメリットとしては、税金の支払いによる資金繰りへの影響を分散できるので、確定申告時に税金が大きすぎて、資金不足に陥るリスクを減らせること。

 
国にとっては、1度に大きく徴収するよりも、2度に分けて半分ずつ徴収する方が、確実に徴収できることが考えられます。

 
どちらかというと、徴収する側の都合で作られた制度と言えるでしょう。

 
中間申告の期限は期首から6ヶ月後から2ヶ月以内。 
(3月決算の会社なら、11月30日まで)

 
また、法人税以外に法人住民税、法人事業税、地方法人税についても中間申告が必要なので注意が必要です。 
(消費税も中間申告が必要ですが、法人税等とは性質が異なるので別に扱います)

 

 

 

中間申告の種類

中間申告には2種類あります。

 

 

予定申告

1つは予定申告です

 
予定申告は前年の法人税、法人住民税、法人事業税、地方法人税の1/2を申告して支払うものです。

 
単純に前年の税額の半分を支払うという方法で、手間もかからないので簡単です。 

 

 

仮決算

もう1つは、仮決算による方法です。

 
期首から6ヶ月の期間を対象にして決算を行い、そこで計算された利益をベースにして確定申告と同じように、税金の支払い額を確定させる方法です。

 
中間と期末の2回、決算をすることになるので、会社にとってはかなりの負担になります。

 

 

どちらを選ぶか?

「予定申告」と「仮決算」のどちらを選ぶかですが、これは簡単、「支払いが少なくなる方」が答えです。

 
スクリーンショット 2015 09 30 22 10 59

 
どちらにしても、合計で支払う額は同じですから、支払いは遅らせた方が有利です(別に利子を支払うわけでもないですしね)。

 
特に、上半期の業績が悪く資金繰りが悪化している状況であれば、少しでも手元資金を多く持っておくために、手間はかかりますが「仮決算」の方法を選択しましょう。

 

 

 

まとめ

中間申告は期首から6ヶ月後から2ヶ月以内に行います。 
「予定申告」と「仮決算」の2種類がありますが、支払いが少なくなる方を選ぶと、資金繰りには有利に働きます。
 

おまけ

経理部門で扱った初めての税務業務が、中間申告だったのですが、「予定申告」を選択していたので、あまりの手応えのなさに不安になった覚えがあります。

税理士事務所タカジム サービス内容

タカジムでは、各種サービスを提供しています。

会計・税務の悩み事について、代表である髙橋良和が直接担当し、お客様の実情に合った方法で解決します。

小規模の会社のお客様、個人事業主のお客様は、ぜひ一度ご覧下さい。