経費の証拠資料はレシートでも大丈夫です

「経費で落とす」というときに、必要になるのが支払いの根拠になる資料。領収書が一般的ですが、レシートでもOKです。

「領収書か」「レシートか」よりも、内容が大事

取引先との打ち合わせなどで、食事をするケースがよくありますが、その時に残しておかなければいけないのが、支払いの証拠となる資料です。

 
「領収書でないと」と思うかもしれませんが、大事なのは資料の種類ではなく内容。「支払いの中身が分かるかどうか」がポイントです。

 
証拠資料として認められるには、次の4点が必要になります。

 
スクリーンショット 2015 09 25 20 02 22

 
経費として認めるかどうかは、税務署が判断することになりますが、その際に見ているのは、「支払いの事実があるか」と「その内容が経費としてふさわしいものかどうか」の2点ですから、

 
この点を確認するために証拠資料が必要になるわけです。

 
とすれば、証拠としてはレシートで十分ですよね。

 
レシートには、「日付」も「お店の名前」も「金額」も入っているわけですし、さらに、「内容」については細かいメニューや単価まで入っていますから、十分な確認の材料になります。

 
さらに、レシートはレジに入力された記録に基づいて出力されます。
レジの記録は、最終的に現金と突き合わせて正しいかどうかを確認しますから、わざと誤った入力をしようとすること可能性は低いです(それでもやろうと思えばできてしまいますけどね)。

 
一方で、レシートを元にして作成しているとは言え、手書きの領収書だと、誤って書かれる可能性もありますし、 
(レシートと比べれば)意図して事実と違う内容を書くことも、比較的やりやすいでしょう。

 
証拠の”客観性”という意味でもレシートの方が、優れています。

 
と言うことで、経費の証拠資料としては、レシートで十分ですので、安心して使って下さい。

 

 

 

レシートの利点は、入手しやすいこと

レシートは、領収書などのように手間がかからずに、ほとんどのお店ですぐに手に入れられます。

 
これは、経理をする上で重要なポイントで、経理で記録する取引の量はかなり多いですから、できるだけ少ない負担で証拠資料も入手したいものです。

 
手間を考えると面倒なので、経費にするのを諦めるというのでは、あまりにもったいないですからね。

 
認められる経費は必ず経費にする。 
必要な証拠は全て揃える。 
そのために、資料の入手も効率的に。

 
こんなところからも、経理の効率化は始められます。

 

 

 

まとめ

経費の証拠資料はレシートでもOKです。 
資料を簡単に集められれば、経理の効率化にもつながります。
 

おまけ

ASTERISQUE のケーキは、やっぱりおいしい。
 
IMG 5191  1

税理士事務所タカジム サービス内容

タカジムでは、各種サービスを提供しています。

会計・税務の悩み事について、代表である髙橋良和が直接担当し、お客様の実情に合った方法で解決します。

小規模の会社のお客様、個人事業主のお客様は、ぜひ一度ご覧下さい。