「前渡金」と「前払費用」の違い

経理で扱う勘定科目には似た性質の科目があります。”似ているところ”と”違うところ”の両方を理解して、使い分けできるようにしましょう。

「前渡金」と「前払費用」の共通点

「前渡金」と「前払費用」はよく似た科目です。

 
細かい定義は構わないので、どこが似ているのかをおさえておきましょう。

 
「前渡金」と「前払費用」の共通点は、

 

スクリーンショット 2015 10 09 18 41 15

 
「支払いが、モノ・サービスの提供が

 
ここです。

 
ここをハッキリと理解するためには、通常の取引がどうなっているかを理解しておく必要があります。

 
通常の取引は、

 
「支払いとモノ・サービスの提供が同時

 
です。

 
コンビニやスーパーで買い物するときのことを考えれば分かると思いますが、お金と商品・サービスは交換ですよね。これが通常の取引。

 
それに対して、「前渡金」と「前払費用」は、「支払い」と「モノ・サービスの提供」のタイミングがずれていて、

 
「支払いが、モノ・サービスの提供が

 
であることが特徴であり共通点です。

 
「支払い」と「モノ・サービスの提供」のタイミングに着目して、共通点を理解します。

 

 

 

「前渡金」と「前払費用」の相違点

では、「前渡金」と「前払費用」の違いです。 
着目するのは、提供されるモノ・サービスの性質です。

 

スクリーンショット 2015 10 09 19 04 49

 
ポイントになるのは、受け取るのが継続したサービスかどうか。

 
「継続したサービス以外」の場合は、「前渡金」になります。 
商品や材料を買うときに、モノが来る前に手付金を支払うことがありますが、これが、「前渡金」のイメージです。

 
「継続したサービス」の場合は、「前払費用」。 
オフィスを借りる契約を結んで、翌月以降の家賃を先に支払うことがありますが、これが「前払費用」のイメージです。

 

 

 

まとめ

「前渡金」と「前払費用」はよく似た科目です。 
共通点と相違点の両方をおさえつつ、具体的な取引でイメージがわくようにしておくと、理解が深まります。
 

おまけ

経理実務を経験すると、どの科目を使うかで迷うことがあります。 
迷ったときに、自分で調べて決められるか、人に言われたとおりに処理するかで、その後の成長度が変わってきます。

税理士事務所タカジム サービス内容

タカジムでは、各種サービスを提供しています。

会計・税務の悩み事について、代表である髙橋良和が直接担当し、お客様の実情に合った方法で解決します。

小規模の会社のお客様、個人事業主のお客様は、ぜひ一度ご覧下さい。