「未払金」と「未払費用」の違い 

「前渡金」と「前払費用」の違いについて別の記事で解説しましたが、それと同じような関係にある負債科目があります。「未払金」と「未払費用」です。「前渡金」と「前払費用」と同じように、共通点と相違点の両方をおさえておくと、両者の理解が深まります。

「未払金」と「未払費用」の共通点

「未払金」と「未払費用」の共通点から見ていきましょう。

 
「前渡金」と「前払費用」の場合とみるべきポイントは同じで、

 

 
支払いタイミング

 
モノ・サービスの提供タイミング

 

 
この2点です。

 
(「前渡金」と「前払費用」についてはこちらの記事で触れています)
 

 

 

通常の取引(コンビニやスーパーでの買い物をイメージして下さい)との違いを意識して、おさえましょう。

 
通常の取引を考えると、「支払い」と「モノ・サービスの提供」は、

 

スクリーンショット 2015 10 10 20 39 53

 
同時です。

 

 
それに対して、「未払金」と「未払費用」は、「モノ・サービスの提供」と「支払い」のタイミングがずれていて、

 

スクリーンショット 2015 10 10 20 58 48

 

 
・モノ・サービスの提供が

 
・支払いが

 
になります。

 

 
こう言ったケースでは、お金の支払いは未だないものの、

 
・モノ・サービスの提供は完了

 
・支払いの義務は発生

 
と既にモノ・サービスが自分の会社のものになっていますので、 
会計上はこのタイミングで記録する必要があります。

 
ただ、会計のルールでは「商品の購入」や「経費の発生」は、 
「支払い」とセットで記録しなければいけません。

 
スクリーンショット 2015 10 10 21 12 07 

 

 
ところが、この段階では支払いがないので、セットになるはずの支払いの科目(上の例では「現預金」ですね)が存在しないことになります。

 
そこで、「現預金」の代わりに、

 
将来に支払いの義務がありますよ」

 
ということを示す科目として使われるのが、「未払費用」「未払金」です。

 
スクリーンショット 2015-10-10 21.55.39

 

 

 

 

「未払金」と「未払費用」

次に、「未払金」と「未払費用」の違いです。 
着目するのは、提供されるモノ・サービスの性質になります。

 
結論から行きましょう。

 
スクリーンショット 2015 10 10 21 24 24

 

 
ポイントになるのは、受け取るのが継続したサービスかどうか

 

 
「継続したサービス以外」の場合は、「未払金」になります。

  
商品や材料を買うときに、長年取引のある仕入れ先なら、 
モノを買ってからお金を支払うのが通常です。

 
このようなケースで使われるのが、「未払金」になります。

 

 

継続したサービス」の場合は、「未払費用」。 

 
スマホの利用契約を結んでスマホを使う時、その月の通信料が請求されるのは翌月です。

 
このようなケースで使われるのが、「未払費用」になります。

 

 

 

まとめ

「未払金」と「未払費用」はよく似た科目です。 
共通点と相違点の両方をおさえつつ、具体的な取引でイメージがわくようにしておくと、理解が深まります。

 

おまけ

後払いで商品や材料を買うときには、「買掛金」で処理するのが一般的ですが、「未払金」を使う会社も多いです。 
ただ、商品や材料の金額が多い会社の場合は、取引の内容を明確にするために「買掛金」を使う方がいいでしょう。

税理士事務所タカジム サービス内容

タカジムでは、各種サービスを提供しています。

会計・税務の悩み事について、代表である髙橋良和が直接担当し、お客様の実情に合った方法で解決します。

小規模の会社のお客様、個人事業主のお客様は、ぜひ一度ご覧下さい。